夏バテ注意!冬より代謝が低下する!?

アロハ!メハナの誉田です。

猛暑が続いていますね。

まさに、ロミロミ日和で、お客様をお迎えしたり、スクールのレッスンをしたり、忙しい日々です。

ロミロミはハワイの伝統的なマッサージですから、やはり夏のイメージですよね。

 

さて、夏は、「身体が熱いし、汗もかくし、冷えとは無関係!痩せ時ですよね」、なんて思っていらっしゃいませんか?

この時期に、よく聞くお声です^^

 

がっかりさせて申し訳ないですが・・・それは、多くの方がしている勘違いなのです。

実は、冬よりも夏の方が、むしろ冷えやすく、疲れがたまり、太りやすいのです。

 

なぜかというと、夏は冬に比べて、基礎代謝が低下するから。

 

冬は、体温が下がりがちになるので、エネルギーをたくさん出して体温を上げようとし、基礎代謝がアップ

夏は、周りの気温が高いため、体温維持にそれほどエネルギーを使わないため、基礎代謝が下がるのです。

 

汗をかくのは、エネルギーを消費しているのではなく、体温調節のためなのですよ。

また、暑い日が続くと、夏バテになったり、水分をとりすぎて、むくみやすくもなります。これも、代謝が下がる原因の一つです。

 

夏に痩せて、冬に太りやすいという方は、夏の過ごし方、基礎代謝低下が招いてしまう結果なのですね。

 

だから、夏こそ、基礎代謝を上げることを意識していきましょう!

 

 

でも、むくみ、だるさがひどくて、暑いし、運動しようと思っても、なかなか元気がでない・・・。

 

そんな方は、まずは、代謝を上げるお食事を心がけてみてくださいね。

 

おすすめなのは、良質なたんぱく質

お肉やお魚はもちろん、豆腐や納豆、豆類など、植物性のたんぱく質にも、たくさん含まれています。

たんぱく質は、脂肪の燃焼を促す食材でもあります。

 

また、イベントや休日が多い夏は、生活習慣も乱れがちで、夏バテになりやすく、疲労が蓄積してしまいます。

 

起床、就寝時間など、なるべくいつも通りの生活を心がけ、楽しむ時は楽しむ、普段の生活は規則正しくと、メリハリをつけることも代謝を上げるのには、大切ですよ。

 

もちろん、夏でも湯船に入る、身体を温めるなど、冷え対策もしっかりと!

 

サロンにお越しくださるお客様も、冬より、夏の方が冷えが辛いとおっしゃる方が、非常に多いですね。

 

お店や電車のエアコンが強かったり、内外との気温差が大きくて身体がついていけず、ずっと冷えているそうです。

また、身体の表面は温かくても、内臓が冷えている方もいるのです。

 

そんな方々に人気なのは、やはりホットストーンセラピー

 

ホットストーン

 

「身体がじわーっと温まり、ポカポカして、それが継続しました」というお声をたくさんいただきます。

 

ホットストーンセラピーは、疲労を回復するとともに、石のエネルギーで心も落ち着き身体の芯から温まります。

代謝をあげたい方にも、ぴったりの施術ですね。

 

夏の後半は、蓄積された疲労が出てきやすい時期です。秋に不調を持ちこさないよう、無理をせず、身体のケアをもしていきましょう!

 

⇒ロミロミとホットストーンセラピーのセットメニュー」詳細はこちら

 

 


haibig東京南千住ロミロミサロン&スクール「メハナ」

営業時間10時~21時30分(土~20時) 日・祝休み

 

◆24時間ご予約フォームはこちら

 

■メニュー・料金

■お客様の声

■コンセプト・場所

■南千住駅からの道順