夏こそ良質な汗を!健康に過ごす上手な汗のかき方

アロハ!メハナの誉田です。

今年も、真夏日の日もあったり、いよいよ夏本番になりましたね。

暑くなると気になるのが、大量の汗。

 

でも、最近、「汗をかきにくい」という方が増えています。

サロンのお客様でも、「なかなか、汗かかないんですよね・・・」と、おっしゃる方が多いです。

 

一見、暑い季節に汗をかかないのは、不快感がなく良さそうに見えますが、実は、汗をかくことにも、大切な役割があるのです。

 

・体温調節をする

・疲労物質、老廃物を排出する

・ホルモンバランスを整え、食欲を抑制する

 

など。

 

私は汗をかくから大丈夫!という方も、ちょっと待ってみてくださいね。

その汗は、どのような感じでしょうか?

 

汗にも、良い汗と悪い汗があるのです。

良い汗は、ほとんどベタつきがなく、すぐに乾きます。

一方、悪い汗は、ベタつきや匂いがあり、大粒でダラダラ流れます。

 

悪い汗は、大切なミネラル成分が体内で吸収されず、匂いの菌とともに体外に流れていきます。

このような汗は、体温を急激に下げるため、冷えにもつながりやすいのです。

 

ですから、良質な汗をかくことが、身体にとっては、重要なのですね。

 

良質な汗をかくためには、

 

・冷房に頼りすぎず、適度な暑さを感じる

・涼しい時間に、軽めの運動

・夏でも入浴し、疲労物質を排出しやすくする

 

のがオススメです。

 

必要以上に汗が出すい季節ですので、

 

・水分補給をマメにする

・ミネラルを多く含む食事を心がける

・酢や柑橘系などクエン酸をとる

 

ことも大切です。

 

汗をかく時には、しっかり良質な汗をかく、これは人間が生きていく上で、自然なことです。

身体に必要だから、汗をかくのです。

 

暑いからといって、不自然にコントロールするのではなく、上手に汗をかいて、健康的に夏を過ごしましょう!

 

それでも、なかなか上手に汗をかけない、という方は、サロンメニューのハーブテントがお役に立ちますよ。

 

20種類以上ブレンドしたハーブを、スチーム上にたいたテントの中で、ゆっくり、じんわり、身体の中から温めます。

ドライサウナが苦手な方でも大丈夫な、やさしい温かさです。

 

最初は、温かいなという感じですが、ある瞬間から大量の汗が出てきます。

初めは、ドロっと、その内、サラサラとした汗に変わり、「ハーブテントに入っただけで、疲れがとれた」というご感想を、いただくことが多いです。

 

今まで全く汗をかかないという方は、1回目は、少し汗をかく程度になるかもしれませんが、ご安心ください。

みなさま、2回、3回と続けていくうちに、良質な汗が出るようになっていますよ^^

 

生活習慣と合わせて、ご相談承りますので、お困りの方はお気軽にご相談くださいね!

 

⇒「ハーブテントを含む、ロミロミとホットストーンセラピーのセットメニュー」詳細はこちら

 

オプションで、どのコースでもハーブテントをプラスできます

⇒オプションメニュー「ハーブテント」のご紹介はこちら

 


haibig東京南千住ロミロミサロン&スクール「メハナ」

営業時間10時~21時30分(土~20時) 日・祝休み

 

◆24時間ご予約フォームはこちら

 

■メニュー・料金

■お客様の声

■コンセプト・場所

■南千住駅からの道順