2021年後半へ!マナカードからのメッセージ

ALOHA!メハナの誉田です。

あっという間に2021年も後半に入りましたね。

6月の最後には、メハナがある場所の氏神様、赤坂氷川神社へ参拝に行ってきました^^

30日は夏越しの大祓式、式に出たわけではありませんが茅の輪をくぐり、お参りをし、形代祓いと初穂料をおさめ、ついでにおみくじも^^

私、おみくじはだいたい小吉、かなりの確率で凶や大凶をひくことも多いのですが…

今回はなんと久しぶりの「大吉!」

大吉ってすごいですね。書いてあることが、全部絶好調~なんでも進んでよし!みたいなので、どんどん進んでいきたいと思います。

今年の後半に向けて、気分があがりましたよ^^

さて、今月もマナカードから月のテーマメッセージをいただきました。

6月も1日にカードをひいていたのですが、ブログで書けていませんでしたので、あわせてお伝えしたいと思います。

なんかここ数ヶ月、月のテーマメッセージがすごい動きになっています^^

恐らく、今どうしても必要なメッセージなのだと思いますので、どうぞお読みくださいね。

マナカードからのメッセージ

まずマナカードとは何か。毎回マナカードの簡単な説明をしているので、ご存じの方はこのパートは飛ばしてください^^

マナカードとは、ハワイで神聖とされている「4」にちなんだ44枚のカードで、その一つ一つにハワイ語の名前と意味があります。

ハワイに古来から伝わる教えや智恵、植物、自然、神話などが描かれ「今、必要なメッセージ」を伝えてくれるもの。

占いというよりも、私たちが行動を起こす指針や気持ちを整理するようなメッセージが届きます。

なので、良いも悪くもなく、そのまま受け止めればいいんですね。

ハワイの文化や歴史、ハワイの教え、神様などを知ることができるため、ロミロミスクールでも活用しています。

毎月初に月のテーマを見て、ブログにアップしていますのでご参考になさってください^^

6月のマナカードは「プヒ」崩壊

まず最初に、先月書けなかった6月のマナカードについて

2021年6月のマナカードは「プヒ」でした。
テーマは「崩壊」です。

プヒはハワイ語で「ウナギ」のこと。

うなぎが水底を泳ぐとき、砂や泥がまわって先が見えなくなってしまうことから、不安に思ったり先が見えず迷ってしまうなどの様子を表しているそう。

プヒのカードが出たのなら、新しいことを産むために、今までの殻を破りましょう。

または決めているのに、いざ進もうと思うと出来ない理由を見つけてなかなか進めない、そんな不安を手放しましょう。

ぐずぐずしていると、チャンスを逃してしまいますよ。

というメッセージです。

つまり、今までの思考を破壊して、新しいものを生み出す「破壊と創造」がテーマなのです。

こちらのカード、実は、前々月にもひいた4月のテーマカード。

6月で再度ひいた時に、まだまだま固定観念を手放し、自分の殻を破っていく必要があるのだなと感じました。

ここ数年で急激に世の中、個人の価値観に変化が生まれていますし、あらためて自分の立ち位置というか、どうありたいかを問われているように思います。

7月のマナカードは「ポハク」関係

続いて、今月7月のマナカードからのメッセージについてお伝えします。

2021年7月のテーマカードは「ポハク」
テーマは「関係」です。

ポハクはハワイ語で「石」のこと。

ハワイでは石にもマナ(超自然エネルギー)が宿っていて、石にも生と死があると言われています。

ポハクのカードのテーマ、関係とは主に人間関係のこと。

このカードが出たときは、プライベートも仕事も「人とのつながり」を見直すタイミング。

生と死の石があるように、生きる人間関係はさらに繋がりを深くし、良いエネルギーを生まない人間関係は思い切って手放しましょう。

また、一人で頑張り過ぎている方は、今こそ人と繋がる時ですよ。

というメッセージなのです。

つまり、良いエネルギーを産む人間関係を作つことで、自分の役割がわかる、成長できる、世界が広がるということなのです。

こちらのカード、実は、5月のテーマカードだったんです。

整理すると、

4月 プヒ(崩壊)⇒5月 ポハク(関係)⇒6月 プヒ(崩壊)⇒7月 ポハク(関係)

と、この4か月プヒとポハクのカードが順に出ています!

まさに、「破壊と創造」の繰り返しですよね^^

今までの殻を破る、思考を破壊する⇒良い人間関係を築く⇒もっと固定観念を手放す⇒エネルギーの高い人間関係を築く

といった感じでしょうか。

これでもか!っと同じカードが出ることはまれにあるのですが、そんな時は、絶対ここは外せない、必要なメッセージなのかもしれませんね。

生きる人とのつながりを築くのは自分次第

※ハワイに住む伝説の小人メネフネが一夜で築き上げたとされるウルポ・ヘイアウ。豊穣の神「ロノ」が祀られていると言われています。豊かな毎日がおくれますように^^

ここからは、私がマナカードからのメッセージを見て感じたことをお伝えします^^

今月のテーマは関係、主に人とのつながりを見直すタイミングです。

でも、人とのつながりって無理に始めたり終わらせなくても、自分の心の持ちようや身を置く環境で自然と変化するものだと思うのです。

私の話で恐縮ですが、私はロミロミセラピストとしてサロンを開業するまで、17年間会社員をしていました。

会社員時代の人間関係は良好で、仲間や上司に恵まれ楽しく過ごしていました。

でも、サロンを独立開業してからは、だんだんと話が合わなくなり自然と疎遠になってしまったのです。

別に仲たがいをしたわけではなく、今でも関係は続いているため、単にお互いの環境が変化しただけのことだと思います。

そうして空いた人間関係に、今度は、個人で事業をしている女性や同じような価値観を持っている方々との出会いが増えていきました。

また、ロミロミサロンやスクールでも同じで、サロンにお越しくださるお客様も、スクールの生徒さんも根本は同じような考えをお持ちのように感じます。

これは、あとから振り返ってみると単に身を置く環境を変えたからというだけではなく、自分がどうしたいか、ありたいかを実践した結果生まれた人間関係なんではないかなと。

だから、生きる人ととのつながりを持つためには、まずは自分の軸をしっかり持つことが大切だと思うのです。

そうすれば価値観が合わない人は自然と離れていくし、価値観が合う人とのは出会いは自然と増えていくもの。

要は、良い人間関係を築くのも築けないのも、自分次第ということです。

つまり、このカードが出るということは、先にも述べたように「自分がどうありたいか、どういう環境に身を置きたいのかをあらためて考えましょう!」というメッセージだと思うのです。

幸いなことに、今は、今までの普通が普通ではなくなっている世の中なので、いろいろと不自由さばかりがクローズアップされますが、むしろ個人が自由な選択ができる社会に変わりつつあります。

今までの殻を破って、新たな世界で生きることによって、その先にゆるぎない愛の世界が待っている。

そんな気がします^^

みなさまも、ぜひ今一度、自分の軸について考えてみてくださいね。

いかがでしたでしょうか?

マナカードの個人セッションは、サロンメニューの「スペシャルコース」の中でおうけいただけます。

⇒「スペシャルコース」の詳細はこちらをご覧ください。


ロミロミセラピストの原点ハワイの教え 【無料メール講座】

ハワイの教え

ロミロミセラピストとしてのあり方を知る
あなたの生き方をも変える、愛に満ちたハワイの魅力と教えをお伝えします。

ハワイからの教え7つのゴールデンルール

第1回 心が元気になる「ハワイからの教え」とは?
第2回 ポイっと手放そう!問題解決の儀式「ホオポノポノ」
第3回 ハワイが教えてくれる、今あなたに必要な「エネルギー」
第4回 身体と心を解放する「ロミロミ」で癒し癒される人生へ
第5回「アロハ」が自分らしく生きるパワフルな源
第6回 スピリチュアルパワー「マナ」を高めると幸せがやってくる
第7回 ハワイ古代の成功法則「フナの教え」


東京青山・赤坂・乃木坂
ロミロミサロンMEHANA


ロミロミセラピストになりたい
サロン開業をしたい方へ

ロミロミスクール MEHANA

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です