逆効果なセルフマッサージ法をチェック!

アロハ!メハナの誉田です。

季節の変わり目で、体調崩す方が多いですね・・・。

雨が続くと気分が晴れず、出かけるのが億劫になる方も多いと思います。

 

そんな時は、お家でセルフマッサージをしてみてはいかがでしょうか?

 

背中など手が届かないところは難しいですが、足や腕、首やお顔は、自分でもできますよね!

 

リンパマッサージは、正しく行えば、効率的に老廃物を流せるため、むくみをとるのに最適です。

 

でも、

間違ったやり方をすると、筋肉を痛めたり、老廃物が流れないどころか、むくんだり、肌がたるんだりと逆効果になってしまうので、要注意ですよ。

 

よくある逆効果を招く「NGリンパマッサージ」を3つ、お伝えしますので、チェックしてみてくださいね^^

 

ダメ1.リンパの流れと逆方向に流している

 

リンパマッサージは流れを助けるからこそ効果が出るもの、知らず知らずに逆方向に流してしまっている場合もあります。

 

正しくは、

足の場合は、常に足の付け根に、向かって流してあげること。

腕は、手首から内側を通って、脇の付け根まで。

お顔のマッサージは、首元に流したあと、喉から鎖骨に向かって、肩の付け根に流していきます。

 

ダメ2.何もつけないでマッサージする

 

滑りが悪いと、不要な摩擦で、肌や皮膚が傷ついてしまいます。

そうするとお肌がたるんだり、赤味、かゆみが出たりするんですよ。

 

だから、マッサージする時は、潤いをたっぷりと、オイルやジェル、クリーなどをつけるのがオススメです。

身体を温める、脂肪燃焼効果があるものでしたら、一石二鳥ですね^^

 

ダメ3.力の入れ過ぎ

 

みなさま、効果を出そうと、ぐいぐい強くマッサージをする方が多いです^^;

プロが強くマッサージできるのは、強くしたり、ゆるめたりの強弱や程度がわかっているから。

 

本来、自然の状態でもリンパは流れているので、自分でやる場合は、それを促進する程度の強さで大丈夫です。

 

力を入れ過ぎると、やはり筋肉や皮膚を傷めたり、一生懸命やっているのに全く効果が感じられない!なんてことになりますので、お気をつけくださいね。

 

フット揉捏

 

当てはまるものはありましたでしょうか?

あるという方は、やり方を見直してみてくださいね。

 

手軽にできるセルフマッサージだからこそ、効果的に行いたいもの。

 

天気が悪く、気分が晴れない日も、普段できないパックをしたり、ゆっくりお風呂に入ったり、自分磨きに時間をかけたら、リラックスできますよね。

 

セルフケアの方法や、使用した方がよいオイルなどは、サロンでもしっかりお伝えします^^

サロンで特別なお手入れと、お家でセルフケアをしたら、まさに疲れ知らず、たるみ知らずで楽しい毎日が送れますよ。

 

カウアイロミロミ1

 

ロミロミで、身体も心も解放していきましょう!

 

⇒ロミロミ・ホットストーン・フェイシャルなど、サロンメニューはこちら

 


haibig東京南千住ロミロミサロン&スクール「メハナ」

営業時間10時~21時30分(土~20時) 日・祝休み

 

◆24時間ご予約フォームはこちら

 

■メニュー・料金

■お客様の声

■コンセプト・場所

■南千住駅からの道順