今年の冬は風邪知らず!身体も心も芯から温まる入浴法

アロハ!メハナの誉田です。

日に日に寒さが増してきましたね。寒いのが嫌いなもので、この時期寒さの話ばかりですみません^^;

 

そんな寒さ嫌いな私の楽しみは、夜の入浴タイム。

毎日1時間程、湯船に入っています。

 

何をしているかというと、本を読んだり、最近は動画を見ていることも多いです。

一人でゆっくりでき、身体が温まる入浴は、自分と向き合ったり、ぼーっとしたりと、まさに至福の時^^

 

同じように、お風呂が好き!という女性は、多いのではないでしょうか。

本当はきれいな景色が見える温泉にでも行きたいところですが、なかなか頻繁には行けないですよね。

だったら、せっかくのお家でのバスタイム、より効果的に身体を癒したいと思いませんか?

 

そこで、今回は、身体も心も芯からポカポカになる、おすすめの入浴法を3つ、お伝えします。

 

1.お水を飲みながら入浴する

 

よくお風呂に入る前に、コップ1杯のお水を飲むと良いと言われていますよね。

私の場合は、水筒にお水を入れて、お風呂に持ち込んでいます。そうすると、お風呂で出る汗の量が全然違うのです!

本を読みながら、ちょこちょこお水を飲んでいると、いつのまにか大量の汗が出ています。

実は、お風呂に入ると、300~500mlの汗をかくといわれているんですよ

身体の水分が減ってしまうと、血液がドロドロの状態になり、体温や血圧があがったりして、身体の不調を引き起こす可能性もあります。

だから、身体のためには、水分をとった方が良いのですね。

 

2.お手軽に足湯

 

お風呂に入るほどではないけど、足が冷たくて仕方がない・・・。または、足が疲れてむくんでいる。

そんな時には、お手軽に足湯を利用していす。

およそ40度くらいにお湯に、足のくるぶしから少し上まで入るくらいにつかるようにして、足を入れます。

15分~20分位入れると、血行が良くなり、全身がポカポカしてきますよ。

寒い時期は、お湯が冷めてくるので、途中で足してくださいね。

お気に入りのアロマオイルを入れると、よりリラックス度がアップし、心も癒されます^^

お風呂で、頭を洗っているときに、足湯をするのもオススメです。

 

3.お気に入りの入浴剤をいれる

 

その時々の体調や気分に合わせて、入浴剤をいれると、入浴タイムがもっと楽しいものになります。

例えば、

・身体を温める場合は、みかんの皮やゆず、生姜など

・お気に入りの香り(甘い系、スッキリ系など、その時の気分で)

・発汗を促したい時は、シーソルトなど

また、お風呂に入る前は、必ず、マイクロバブルのシャワーヘッドを湯船に入れ、シルキーバス状態にして、温め効果をあげています。

 

いかがででしょうか?

本当に、お風呂好きなもので、熱く語ってしまいました^^

 

特に女性は、身体が冷えがち。

身体が冷えると、便秘になったり、冷え症に悩まされたり、ホルモンバランスが乱れたりと、いいことは何もないです。

 

また、体温が一度下がると、免疫力が30%低下すると言われています。

それは、つまり軽い身体の不調だけではなく、風邪や病気を引き起こす原因にもなるということですね。

 

そう、冷えは女性の大敵なのです!

 

入浴だけで、すべてを解消するのは難しいですが、美容や健康のためにも、ゆっくりお風呂に入り、身体を温めるのはおすすめですよ。

何より、リラックスでき、身体も心も一日の疲れが癒されます。

 

サロンでも、この時期は、下から上から温かいマットを置いて、身体温め対策はバッチリです^^

 

お客様も冷え対策に余念がないようで、先日ご案内した、期間限定メニューのホットストーン特別コースは、やはり人気ですね。12月のご予約も、どんどんいただいています。

 

今年もあとわずか、身体も心も温めて、寒い季節も、元気に毎日を過ごしましょう!

 

⇒【期間限定】ホットストーン特別コースの詳細は、こちらをご覧ください

 


haibig東京南千住ロミロミサロン&スクール「メハナ」

営業時間10時~21時30分(土~20時) 日・祝休み

 

◆24時間ご予約フォームはこちら

 

■メニュー・料金

■お客様の声

■コンセプト・場所

■南千住駅からの道順