ロミロミを一から学ぶセラピスト様の初回レッスン

アロハ!メハナの誉田です。

週末は全国的に真夏日、猛暑日が続出して暑かったですね~。

夏大好き!としては、嬉しい限りですが予想外の早い暑さについていけてません^^;

とはいえ、太陽が眩しい陽気は、ロミロミらしい季節。気分あがってロミロミをしていますよ。

 

 

ロミロミスクール初回レッスンはセラピスト様

 

そんなロミロミのベストシーズン、今日はロミロミスクールの初回レッスンでした。

あらたにレッスンをスタートしたのは、すでにタイ古式マッサージのお仕事をされているセラピストのCさん。

 

ご受講コースは、初心者からプロのロミロミを学びお仕事にする「ロミロミ・プロセラピスト開業コース」です。

ロミロミスクールでは、この初心者からじっくり学ぶコースと、ボディマッサージ経験者の方が短期でロミロミのエッセンスを学ぶコースがあるのですが、今回あえて「初心者からのコース」をご選択されました。

 

 

セラピスト様はロミロミの習得が早い!

 

今日は初回レッスンのため、座学で「ロミロミとは」「ロミロミの歴史」をお話してからの技術レッスンスタート。

身体の使い方や立ち位置、体重のかけ方は、実践しながらお伝えしていきました。

 

さすが、すでにお仕事をされているセラピスト様。ご経験があるため、ロミロミ技術の習得スピードが早いです!

さくさく進んでいきました~。

 

相モデルでレッスンを受けていたMさんが「通常の2倍速じゃないですか!?」と驚いていました^^

ロミロミ独特の腕を使ったり、身体全体でリズミカルに行う手法の習得は、これからさらにブラッシュアップですけど、今から卒業時が楽しみです♪

 

 

同じ内容をお伝えしていても、それぞれご経験や性格によって、習得スピードが違うもの。

だから、ロミロミスクールでは、個々の方にあわせてお伝えをしています。

 

なので、Mさんもどうぞご安心を!

卒業時には、みんなが確かなロミロミ技術を習得できますよう、しっかりサポートしていきますよ^^

 

 

ロミロミを一から学ぶわけとは?

 

なぜすでに技術をお持ちなのに、Cさんはロミロミを一から学ばれるのか?

そんなのもったいない!または大変なのでは??と、思われる方もいるでしょう。

 

もちろん、タイ古式マッサージは好きだし、やりがいを感じているとのこと。

その上で、これからセラピストとしてずっと働いていくためにスキルアップしたい、お客様が喜んでくださることをしていきたい、という強い想いがおありでした。

 

正直、迷われたと思います。

でもね、この2つのコースには大きな違いがあるんです。

 

それは、

 

・初心者からのコースは「ロミロミとハワイにまつわることは技術を含め全てお伝えし、プロのロミロミセラピストとしてお仕事にするもの」

・ご経験者向けのコースは「ロミロミのエッセンスをお伝えし、セラピストとして技術力アップに生かすもの」

 

なのです。

 

 

本気でロミロミをしたい方へのコース

 

私は、すでに他技術をお持ちのセラピスト様がロミロミスクールの受講をご検討されている時に、必ずする質問があります。

 

「ロミロミをメインで行いたいですか?それとも、少しエッセンスが学べればよいですか?」

これは、ロミロミスクールを受講する目的を確認するための質問です。

どちらが良いとか悪いとかはありませんよ^^

 

この質問をする意味は、進みたい方向に沿わないコースをおすすめしたり、思ったのとは違う内容を学ぶのは、お互いが幸せにはならいと思うからです。

だから、まずは目的やお考えをお聞きして、その方に一番最適なコースをご提案するようにしています。

 

私はCさんが「きちんとロミロミを習得したい」「ロミロミをメニューとして行いたい」、そうお聞きしましたので初心者からのロミロミスクールコースをご提案したのです。

 

だって、先に書いたように、伝える内容の濃さが全然違うのですから。

 

「本気でロミロミをしたい」という方には、ロミロミ・プロセラピスト開業コースがおすすめなんです。

 

そこは自信を持っていえます^^

 

今回決断し、一歩を踏み出されたCさんの想いや目的がきちんと叶えられますよう、精いっぱいサポートしていきたいと思います!

 

初心者からロミロミを仕事にする、サロン開業をしたい方へのロミロミスクール

⇒「ロミロミ・プロセラピスト開業コース」の詳細はこちらをご覧ください

 

うちの生徒様はみんな美人さん^^

 


haibig東京南千住ロミロミサロン&スクール「メハナ」

営業時間10時~21時30分(土~20時) 日・祝休み

 

◆24時間サロンご予約フォームはこちら

■メニュー・料金

■お客様の声

■コンセプト・場所

■南千住駅からの道順