ロミロミは背負っているものをおろすところから

アロハ!メハナの誉田です。

最近、古来からのロミロミ、ヒーリング、ハワイについての本に夢中になっています。

ルーツや、古来ではどのような風にしていたのか、今と昔で同じものはなにかなど、そんなことに興味を持ち学びを始めました。読書は大好きなお風呂でが定番。かなり面白くて、ついつい長風呂になっています^^

 

例えば、今の時期サロンでお受けくださる方が多い、ホットストーンセラピー。昔は、葉っぱに石をくるんでホットパックとして利用したり、大きな石を転がして使っていたとのこと。大きい石がゴロゴロ転がっているかと思うと面白くて、一人でクスっと笑ったりしています^^

 

温熱療法としては、スチームして温め、発汗するのは古来より行われていたようです。今もハワイでロミロミを受けると、トリートメント前後で、スチームルームに入るところもありますから、昔から伝わっているのを引き継いでいるのですね。

 

私がハワイ島でロミロミを習った時は、毎回レッスンのあとスチームサウナで汗を流していました。また、カウアイ島ではスチームルームで塩スクラブをしたあと、ロミロミをうけたこともあります。

 

いずれにしろ、背負っているもの、溜まっているものを流す「浄化」とのこと。

浄化してからのロミロミって身体も心も楽になりそう、と思いませんか?

 

まずは、背負っているものをおろす。そこからロミロミは始まります。

そのあとエネルギーあふれる石を使ってのホットストーンマッサージは、本当に至福の時。

 

そうしてうけたロミロミが素晴らしくて、私も「溜まっているものを浄化する」ために、ストーンセラピーのコースにハーブテントを取り入れたのです。

 

今サロンで行っているホットストーンセラピーは、温めた石を身体に置いて身体の芯から温め、石を使って身体をほぐし、深い筋肉まで働きかけていきます。

 

また、より心も体も軽くしたい方には、ハーブテントに入ってからのお手入れをしています。

身体が緩み、石のエネルギーと合わせて、気持ちが落ち着くとおっしゃるお客様が多いですね^^

 

ホットストーンセラピーは身体を芯から温め、疲労が激しい方、冷えでお悩みの方に、心を落ち着かせたい方に最適です。

 

ホットストーン

 

これから年末年始にかけて、お疲れがたまりやすい時期。今年の内に、溜め込んだものをすっきり流して、気持ちよく今年を終わらせたいですね!

 

⇒12月末まで【期間限定】ホットストーン特別コース

 


haibig東京南千住ロミロミサロン&スクール「メハナ」

営業時間10時~21時30分(土~20時) 日・祝休み

 

◆24時間ご予約フォームはこちら

 

■メニュー・料金

■お客様の声

■コンセプト・場所

■南千住駅からの道順