お腹の硬い場所で食生活の乱れがわかる!?

サロンでは、お腹の調子があまり良くない、胃腸が弱いというお客様が多くいらっしゃいます。

お腹をマッサージさせていただくと、お腹が冷たいお客様が多いですね。

 

また、部分的に硬いところ、柔らかいところ、「ドクドク」する場所などがあります。

その反応の違いで、「内臓のどの部分が疲れているか」、「食生活の乱れ」などがわかるので、ご紹介しますね^^

 

 

■赤い部分に硬さ・痛みがある場合

が疲れています。消化の悪いものを食べ過ぎなど、胃が疲労状態にあります。腸が激しくカーブする部分なので、便がたまりやすい場所です。

 

■緑の部分に硬さ・痛みがある場合

炭水化物を多く摂取する方に多く見られます。炭水化物の過剰摂取は、ガスが出やすく、この分に張りを感じる方が多いです。

 

■オレンジの部分が柔らかい場合

ずぶずぶ入る場合は、虚弱体質のことが多いです。体力がなく生殖機能の低下を見極めるところなので、弾力がある方がよいです。

 

■紫の部分に硬さや痛みがある場合

を多く摂取する方に見られます。動物性たんぱく質や繊維の少ない食事が、この部分に憩室を作りやすくします。滞留便も多い部分です。

 

■青の部分に硬さ・痛みがある場合

肝臓の疲れ、アルコールの摂取、夜遅い時間まで食べたり、寝る時間が遅い方は痛みを強く感じます。

 

いかがでしょうか?

肝臓が弱っている方は、顕著にわかります^^

 

お客様の身体で、気になる部分があった時は、施術後にお伝えして、対処方法などをアドバイスさせて頂いていますよ。

 

⇒ロミロミメニューはこちらをご覧くださいね

 


 

haibig東京南千住ロミロミサロン&スクール「メハナ」

営業時間10時~21時30分(土~20時) 日・祝休み

 

◆24時間ご予約フォームはこちら

 

■メニュー・料金

■お客様の声

■コンセプト・場所

■南千住駅からの道順